はじめに

biyou

はじめまして。現役薬剤師の管理人です。

こちらのサイトでは美容と美肌の教科書ということで、コスメ全般の基礎知識についてご案内していきたいと思います。

ご愛顧いただければ幸いです。

管理人

[美容系ランキングサイト1] ファンデーションのランキング
[美容系ランキングサイト2] 青汁のランキング
[美容系ランキングサイト3] 黒酢のランキング
[美容系ランキングサイト4] ヒアルロン酸のランキング

肌を劣化させる内的要因

biyou

加齢とともに細胞の働きは弱まり、皮膚全体の活性が低下します。表皮では細胞問脂質やNMF(天然保湿因子)が十分につくられなくなると、バリア機能や水分保持機能が低下。

角層はごわごわした感じになります。真皮では水分を保つヒアルロン酸や肌弾力を保つコラーゲン、エラスチンなどをつくりだす能力が衰えます。

これが肌のハリの低下、しわやたるみの原因となります。

また、増えすぎた活性酸素を取り除く酵素(SOD)の量は30代から低下します。20~30代から乾燥による小じわが急増、40~60代では深いしわが目立つ傾向に。

また不規則で偏った食事は体調不良や免疫低下を招き、肌状態を悪化させます。とくにカフェインやお酒などの嗜好品は適度ならよいですが、どちらも神経興奮物質で中毒性もあるため、適量を越さないことが大事。

バランスのよい食事を心がけ、良質のたんぱく質と食物繊維、ミネラル、ビタミンなどをまんべんなく摂取し、油分と糖分の摂り過ぎに注意しましょう。

内臓機能の不調は肌にもさまざまな変化をもたらします。

血管の壁はコラーゲン線維などのたんぱく質でできているため、加齢とともに血管は硬くてもろくなり、血行が悪くなります。

また、血液は筋肉が動いて収縮するときに勢いよくめぐるので、筋力が落ちることも血行不良の原因に。

その循環が悪くなると、肌に栄養が行き届かず、ハリ、弾力の低下、肌の黄ぐすみの原因になります。

さらに心臓病や高血圧などの病気も引き起こしやすくなります。

肌を劣化させるさまざまな要因

biyou

皮膚に悪影響を与える原因は、おおまかに分けて2つ。肌がさらされている外からの刺激からくる外的要因と、身体の調子からくる内的要因があります。

本来なら肌は外からの刺激に対して防御し、排出する機能を備えています。

ですが、外的要因、内的要因が加わることでその防御力も低下し、さらに刺激を受けやすくなってしまいます。

ここでは、肌に悪影響を与えるおもな要因について解説します。

1.乾燥

肌老化を促進するものこそ、乾燥です。肌が乾燥すると角層の水分量が減少し、光の反射量が低下して肌がくすんで見えよす。

また乾燥して肌表面が硬くなると、手触りもごわつき、化粧ののりも悪くなって小じわの原因になります。さらに、真皮の構造がくずれていると、小じわがしだいに大きく、深くなって、大じわへと変化していきます。

2.酸化

「酸化」とは酸素が何かと結びつく働きのこと。鉄がさぴたり、りんごの切り口が茶色に変色することも「酸化」なのです。

これと同じような状態が、肌の上でも起こっているのです。これがニキビの原因になることが。また、いったん酸化が始まると、次々と連鎖反応で広がってしまいます。

3.紫外線

紫外線によるダメージは、真皮にまで到達。シミ・そばかすだけではなく、ハリや弾力まで奪いとってしまいます。

肌の水分が急激に奪われることで肌が乾き、かさつき、くすみ、小じわやたるみの原因にも。

さらに身体全体の免疫力を低下させるといわれています。

m4s0n501

皮膚の機能

biyou

皮膚はさまざま役割をになっています。たとえば、冷たいものに触れたとき「冷たい」と感じるのも、皮膚に知覚作用があるから。

また、暑さや寒さに対応して体温を調節するのも皮膚の働きのひとつです。

1.知覚作用

肌に物が触れたときに身体に警戒を伝える作用です。

2.吸収作用

3.分泌排泄作用

皮膚の中から皮脂と汗を分泌する作用です。皮脂は汗とともに皮脂膜を形成して、肌の乾燥を防いで角層を柔軟にします。

4.保護作用

皮膚自体には、外界の刺激から身体内を保護する作用があります。外部の圧力に対しては、真皮のコラーゲン線維、エラスチン線維が和らげます。

5.表現(表情)作用

精神状態が肌に表れることを表現作用といいます。驚いて顔面が蒼白になったり、頬が紅潮したりします。

6.体温調節作用

身体の表面を覆っている皮膚は熱を通しにくく、体温が外に逃げだすのを防ぐ役割を果たしています。しかし、体温が上昇してくるとその熱を身体の外に放出するために、発汗します。

<じつは紫外線から肌を守る役割をしているメラニン>

そもそもメラニンは、なぜつくられるのでしよう?

肌が紫外線を浴びると、皮膚の中では炎症がおき、これによりメラニン生成の原因となる酵素チロシナーゼが増えます。

その結果、メラノサイトも増え、メラニンをたくさんつくりだします。これは紫外線に対する肌の防御機能なのです。

メラノサイトでつくられたメラニンは、肌表面へと移動し、最後にアカとなってはがれおちます。