パラベンの種類と抗菌力の差

biyou

敏感肌の人は皮膚への刺激があるとか、使用することを敬遠する消費者やメーカーもあります。

確かに抗菌力が高く皮膚刺激が強いものから、弱いものまであります。

抗菌力の高さ順です。

ブチルパラベン>プロピルパラベン>エチルパラベン>メチルパラベン

しかし、最近ではBGやペンチレングリコールなどの保湿剤で防腐効果をもつ成分と組み合わせたり、ほかの成分との溶解性の相性により、パラベン類の組み合わせや配合量が少なくなっています。

そのため、防腐効果も安全性も高くなっているのが現在の化粧品技術です。