油性成分とは

biyou

角層に含まれる水分が外部へ蒸発することを防ぎ、水分量を保つ(エモリエント効果)ために配合される成分のことです。

そのまま使用するより、乳化させてクリームや乳液、美容液として使うことが一般的です。柔軟効果も油性成分の役割のひとつです。

・液状 : たとえば、メイクおとしに使うもの、角層の水分量を保つもの、汚れなどのなじみをよくしたり、肌の上でのすべりをよくしたりする。

 オイルのおもな成分
 ・鉱物 : トリメチルシロキシケイ酸(シリコーン油)、ジメチコン(シリコーン油)、ミネラルオイル(石油由来)
 ・天然 : スクワラン(サメ由来、植物由来のものも)、ホホバ油(ホホバ実、種子由来)

・半固形 : たとえば、乳液では、オイルとペーストを混ぜあわせることによって浸透性があり、エモリエント感があるような使用感をつくることができる。

 ペーストのおもな成分
 ・鉱物 : ワセリン(石油由来)
 ・天然 : シア油(シア果実由来)、カカオ脂(カカオ種子由来)

・固形 : たとえば、クリームでは配合を多くすることによって、保護膜をつくる。

 ワックスのおもな成分
 ・鉱物 : パラフィン(石油由来)、マイクロクリスタリンワックス(石油由来)
 ・天然 : ミツロウ(ミツバチ巣由来)、キャンデリラロウ(植物由来)