界面活性剤とは

biyou

界面活性剤は、ひとつの分子内に油になじみやすい部分(親油基または疎水基)と水になじみやすい部分(親水基)の両方をもっています。

この性質を利用して、洗浄、乳化、可溶化(水に溶けにくい物質が溶けるようになること)・浸透・分散(微粒子の状態で存在するようになること)などの働きがあります。

・この性質を利用して出来る乳化のO/W型とW/O型

乳化とは、油と水が細かい粒子になって分散することで、水と油が完全に溶解しているわけではありません。このとき、界面活性剤の働きによって水の中に油が分散した状態(O/W型)や、反対に油の中に水が分散した状態(W/O型)にすることが可能です。乳製品でたとえるなら、水の中に油が分散している牛乳がO/W型、バターのように油の中に水が分散しているのがW/O型です。

・W/O型とO/W型の見分け方

手の甲に塗布し、水で洗い流したときに流れれば、外側に水分があるO/W型、流れなければW/O型です。

<界面活性剤の種類と特徴>

1.陰イオン・アニオン型/水に溶けると親水基の部分が陰イオン(アニオン)になるもの

 主用途は石けん、シャンプー、洗顔料など。成分としては名前の最後に「~石けん」、「~塩」とつくもの。高級脂肪酸石けん/N-アシルアミノ酸塩/アルキル硫酸エステル塩など。

2.陽イオン・カチオン型/水に溶けると親水基の部分が陽イオン(カチオン)になるもの

 主用途はトリートメント、制汗剤など。成分としては名前の最後に「~クロリド」、「~アンモニウム」とつくもの。ベンザルコニウムクロリド/ベヘントリモニウムクロリド/塩化アルキルトリメチルアンモニウムなど。

3.両性イオン・アンホ型/水に溶けるとpHにより陽イオンや陰イオンになるもの

 主用途は名前の最後に「~ベタイン」とつくもの。成分としてはコカミドプロピルベタイン/アルキルジメチルアミノ酢酸ベタインなど。

4.非イオン・ノニオン型/水に溶けたときイオン化しない親水基をもっている。ほかの界面活性剤と組み合わせやすい

 多くの化粧品に使われる。成分としては名前の最後に「~グリセリル」「~水添ヒマシ油」とつくもの。ステアリン酸グリセリル/PFG-60水添ヒマシ油など。