皮膚の機能

biyou

皮膚はさまざま役割をになっています。たとえば、冷たいものに触れたとき「冷たい」と感じるのも、皮膚に知覚作用があるから。

また、暑さや寒さに対応して体温を調節するのも皮膚の働きのひとつです。

1.知覚作用

肌に物が触れたときに身体に警戒を伝える作用です。

2.吸収作用

3.分泌排泄作用

皮膚の中から皮脂と汗を分泌する作用です。皮脂は汗とともに皮脂膜を形成して、肌の乾燥を防いで角層を柔軟にします。

4.保護作用

皮膚自体には、外界の刺激から身体内を保護する作用があります。外部の圧力に対しては、真皮のコラーゲン線維、エラスチン線維が和らげます。

5.表現(表情)作用

精神状態が肌に表れることを表現作用といいます。驚いて顔面が蒼白になったり、頬が紅潮したりします。

6.体温調節作用

身体の表面を覆っている皮膚は熱を通しにくく、体温が外に逃げだすのを防ぐ役割を果たしています。しかし、体温が上昇してくるとその熱を身体の外に放出するために、発汗します。

<じつは紫外線から肌を守る役割をしているメラニン>

そもそもメラニンは、なぜつくられるのでしよう?

肌が紫外線を浴びると、皮膚の中では炎症がおき、これによりメラニン生成の原因となる酵素チロシナーゼが増えます。

その結果、メラノサイトも増え、メラニンをたくさんつくりだします。これは紫外線に対する肌の防御機能なのです。

メラノサイトでつくられたメラニンは、肌表面へと移動し、最後にアカとなってはがれおちます。