着色剤

biyou

肌を彩るメイクアップ化粧品に使われている原料で、おもに顔料とよばれています。

皮膚の上に付着して化粧膜をつくり、肌色をきれいに見せたり、着色して魅力を増します。

そのほか、ツヤや輝きを出したり、テカリを抑えたり肌の質感を変えたりするためにも使われています。

過去には化学合成のタール色素や、その中に含まれていた不純物によって肌トラブルが起こり、社会問題にもなりました。

しかし、現在化粧品に使われている色素は純度も高く、いずれも厳しい検査に合格した安全性の高いものが使われています。

・体質顔料 : タルク、マイカ、セリサイト、カオリン、シリカ、硫酸バリウム、炭酸カルシウム
・着色顔料 : 酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄
・真珠光沢顔料 : 魚鱗箔(パール剤)、オキシ塩化ビスマス、雲母チタン、酸化チタン被覆マイカ
・染料 : 黄色5号、赤色213号、赤色223号
・有機顔料 : 赤色228号、赤色226号、青色404号
・天然色素 : カルミン、カーサミン、β-カロチン、クチナシ、コチニール、ベニバナ赤